売上高・業績

売上高推移

第一期は利用者数を増やすことを目標におき、事業を行いました。そのため、第二期にかけて目標にしていた定員20名に達することができました。第二期は、オーガファームの事業が社会に必要とされるものになるよう活動を行いました。お弁当事業とハウスクリーニング事業の売上がのび、また利用者数が増加したため、福祉事業の売上がのびました。第三期は、就労継続支援事業売上は大幅にのびたものの、利用者数は微増だったため、福祉事業の売上があまりのびませんでした。第四期は、就労支援事業に力を入れつつ、職場環境の改善にも積極的に投資していきました。福祉事業の給付額は減りましたが、就労継続支援事業で、売上をのばすことができたため、全体的に売上の増加につながりました。第5期は県や市町村と決算期合わせるため12月〜3月までの決算になりましたので割愛させていただきました。詳細はページ下のリンクからご確認ください。第六期は、厚生労働省より、就労継続支援A型の見直しがあり、就労継続支援A型にとって厳しい環境におかれているという話を聞くこともありましたが、当社では、設立当初から利用者の労働時間を6時間以上働ける環境を確保し、社会保険加入を積極的に行っていた結果、給付額が上がったため、福祉事業収入の増加に繋がりました。また、事業での売上も順調にのびたため、増収となりました。

事業売上推移

福祉事業の売上を除いた、就労継続支援事業売上の推移です。設立当初から就労継続支援事業の売上を大きくのばすことを目標にしており、当社スタッフの頑張りの結果、今期も成果目標を大幅に上回ることができました。来季も引き続き農場・カフェ・お弁当・ハウスクリーニングの4事業全ての黒字化を目指します。

営業利益推移

今期は、目標の一つであった営業利益での黒字化を達成することができました。しかし、現状では就労継続支援事業の利益から利用者給与を支払うことができず、別の原資から工面しています。黒字化している事業に集中し、不採算事業をなくすことで設立当初からの目標は達成できるとも考えますが、働きやすい職場環境を確保するためにも、現在の4事業を継続し、すべての事業で黒字化を目指し達成することで、新しい就労継続支援A型事業所のモデルを作ることができるのではないかと考えています。